迷惑メール

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`buzzurl` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

時々、仕事ドメインに対して、営業メールがきます。

個別に送られる分には特に何も思いません。

ただ、いわゆる名簿を買って自動送信しているとか、そういうのは迷惑でしかありません。

 

今日来たメールは、金融商品と不動産のコンサルタントで、

この人は何が言いたいのかというと、『保険の見直ししませんか』ということです。

宛先名に 保険業としての私の名称を宛先に入れているにも関わらずですよ?

笑ってしまいますよね。

自分でコツコツ作っていったリストでメールを送るのではなく、

業者まかせに大量の迷惑メール行為ですから。

 

私の場合は、『このお会社様なら、お役に立てるかな~』と思って、

ラブレターを送ります。たまにしかしませんがね。

もちろん送る時は、こちらの情報はしっかりとつけます。

当然ですよね。

 

さて、この迷惑メールのソースを見てみました。

公開するとこの送信主の広告行為(思うつぼ?)になってしまいますので、しませんが(笑)

 

送信主はYahoo!のメールアドレス。おそらく、捨てアドレスか偽装でしょう。

中継となったサーバーはロリポップ。激安サーバーで有名ですね。

ロリポップのサーバーは、送信者のIPアドレスが

X-Spam-Status: Yes(LOLIPOP-Fsecure) with VIRUSGW/SPAM_RBL/202.143.199.2[sbl-xbl.spamhaus.org:127.0.0.4]

と、Spamhausにてブラックリストに掲載されていると、SPAM(迷惑メール送信者のこと)判定しています。

なのに、中継しちゃっているのですね。

ありえない安い裏には、安いなりのことはある?(苦笑)

 

私のほうでは、偽装メールの可能性を検知するものをつけています。

ですが、厳密に運用し排除すると、ほとんどのメールが受けられなくなるので、判定だけにしています。

ロリポップサーバーそのものはブラックリストに載っていないので、受信したわけです。

 

迷惑メールの依頼主(でしょう)は、メール本文内に、自身の住所・電話番号・FAX番号・自身のドメイン名でのメールアドレスを公開していません。

営業のメール活動はイマドキのことなのでいいとしても、送信者の情報公開はしっかりしましょう。

送信依頼主と代行送信業者の住所・氏名・商号・電話番号・FAX番号は公開すべきです。

事業をするならそこまでやれ!と。

スカイプのアカウントだけ公開したって信用性がありません。

 

私には日本一になった実績がございます。
ノウハウと知識がございます。
年金保険の神様と言われたこともございます。
信じるか、信じないかは、お客様次第です。

なんてこと書いていても、そもそも情報公開しないのですから、事業主として信用できません。

第一そんな実績があるなら、迷惑メール送信業者を利用しなくてもやっていけます。

 

迷惑メール送信業者と、それを許したISPをブロックしています。

それでもかいくぐって、迷惑メールを送りつける大阪の会社もおりますね。

解除URLはクリックせずに、サーバー側で拒否設定をするのが得策ですよ。

Spamhaus や RBL.JP で漏れたものは、自家製RBLでブラックリスト運用しています。

自分のドメインしか使っていないサーバーですが、

それでもドメインだけで、20以上の拒否数があります。

IPアドレスではもっとですね。

 

しかしさぁ~

『資産家層の方々へ 突然のご連絡大変失礼致します。』

って、ウチ資産家違うし。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`buzzurl` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

Categories: PC, 日記 | Tags: , , | 迷惑メール はコメントを受け付けていません。